Read Article

ココナラで500円の価格帯をメインに扱ってはいけない!

ココナラで500円の価格帯をメインに扱ってはいけない!

「500円で解決しようなんて甘い!」
「集客したいから500円で販売している」
出品する立場だと、そう思っていませんか?

私は思っています。

なので、扱ってはいますが、500円は人数制限を1名にして、それなりに時間をかけて対応しています。
500円の価格をメインの商品においていません。

500円はクレームが出る!

出品する立場からすると、500円はあくまでも500円のサービスとして考えています。

もし500円しか売れなかったら

手数料 25%+消費税 で27%とられます
振込手数料 160円とられると

最悪のケースでは 70円の報酬しか得ることができない可能性があるんです。

でも、依頼者は違います。
本当に「500円で解決したい。」と思っています。

その基準があるので、結果として「解決できなかった」場合はクレームを付けてくる人がでます。

例えば「ダイエットレシピ」。

「絶対に誰でも同じように痩せることができるレシピ」は存在しません。
始める体重も違えば、体脂肪も違うし、日中の運動量も違います。

同じ食事をしたところで、AさんとBさんは結果が違うことは当然です。
そんな当たり前の事は、理解しないので、クレームがきます。

「500円」という格安な価格で行うと、知識のない非常に質の悪い客層が大量に来る事になるわけです。

するとどうなるかと言うと、結果が出なかったり、ほんのちょっとでも理想と違う納品があると、「詐欺だ!」とクレームを付けてきたり、「最後までサポートするべきだ!」といった感じで連絡がいます。

このようなユーザーは「お客様は神様だ!」「金を払っている俺が偉い!」という意識なのです。
言い換えると、このジャンルで「お客の立場でしか物事を見た事が無い人」の意見なのです。

勉強していないから「レシピの価値」を知らないし、需要なポイントもわからないのです。

「お客様は神様だ!」と考える店は、非常に良い店、みたいな風潮が日本にはあります。
悪いことではないけど、だからと言って媚びる必要もありません。

明らかに相手に問題があるにも関わらず、「お客様は神様だ」という理不尽な立場に合わせることは単に自分を安売りしているだけなのです。

何がいいたいかというと、
「無理やり安い商品を売るな」
という態度を徹底してすべきなんです。

ココナラでは特に。
ブランド?というかプライド?というか、そいういうものをもって、サービスの出品をしないといけないんです。

個人的にはランサーズやクラウドワークスはもう取り返しがつかない「主従関係」ができている感じです。
でもココナラはまだまだ売り手優位です。

「手となり足となり、何でもやります」とか、「仕事ください」とか、そういった安売りはしない事です。
一時的にそれで売り上げを出す事ができても、後からどんどん苦しくなっていくだけなのです。

とは言っても、「一切取るべきではない!」と言ってるわけではありません。

どの業界でも、初心者/業界の常識を知らない人の層が一番多いことは事実です。
だいたいみんな「初心者」からスタートするわけですから。

初心者向けの安いサービスは、ある程度門を狭くして、自分の負担も軽くします。
そして、

メインのサービスをどこに置くのか?
どんな客層をターゲットに発信するのか?

自分の位置づけによって本来売りたいサービスを提案していくことになると思います。

最後に

500円はあくまでもアピールレベルの仕事にしましょう。
本当に稼ぐためのスキルは、正しい価格をアピールして売る戦略を立てる必要があるのです。

Return Top